歯牙腫

2019年08月02日に書いた近藤歯科院長のブログ。

電話番号は0766-21-7778
高岡市の近藤歯科クリニック

 

近藤歯科クリニック院長のブログ /

2019年08月02日

歯牙腫

インドで7歳の男の子の顎から、526本もの歯を除去したという驚きのニュースが入ってきた。7月31日付で現地メディア「The New Indean Express」が報じている。
 7月11日、インド南部ベンガル湾に面する都市チェンナイの大学病院で、7歳の男の子P・ラヴィンドラン(P Ravindran)さんの手術が行われた。完全麻酔で1時間半ほどの外科手術で、男の子の顎からは巨大な腫瘍が除去された。
この男の子は右下顎に腫れや痛みを訴えており、X線やCTスキャンによる検査の結果、原始的な歯がたくさん詰まった袋状の組織が見つかり、非常に稀な集合性・複合性歯牙腫(compound composite odontoma)という病気であると診断されていた。発見が早かったおかげか病状は初期段階だった。手術は無料で行われ、顎の再建のような難しい治療は必要なかったという。執刀した医師によると最も大変だったのは「本人の説得」だったそうだ。
手術後、男の子から除去された組織の塊から、手作業で歯が取り出された。数人の医療関係者がピンセットなどを使って小さな歯を取り出し、それを渦巻き状に並べていく様子が動画で公開されている。

                      〜ネットニュースより引用〜


集合性歯牙腫とはいえ526本もの歯を摘出するのは大変だったでしょう。
ここまでの本数はとても稀なケースですが、歯牙腫はたまに遭遇します。
口腔外科へ紹介して処置していただきます。


高岡の歯科に関するメールマガジン

| 投稿者院長

このブログへのコメント

コメントをお願いします


※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません


高岡市 歯科・歯医者さんは、近藤歯科クリニック